頚椎症にいい体操と言うものは、主に予防のための体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)と、痛みが発症してからの体操に分かれるとなっているのです。 頚椎症は、さまざまな要因の影響を受けて、少しずつ進行していく病気です。 ですから、まだ痛みがでないうちに、或は症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)がひどくならないうちから、軽い体操(ムリをせず、正しいフォームを意識して、毎日コツコツやることが大切です)などで予防していくことを考えた方がいいでしょう。 頚椎症の体操は、激しいものや、首に負担のかかるものは逆効果になりますので、出来る範囲で少しずつ行うようにしましょう。 ポイントとしては、急にたくさん行うのではなく、時間も短くて良いでしょうし、体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)もシンプルなもので良いので、定期的に継続することを心がけてください。 あおむけになったり、横になって行う体操を多くみかけますから、寝る前などのちょっとした時間に行う習慣をつけるといいかもしれませんね。 ただし、間違えた方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)で体操をすると、かえって症状を悪化させてしまう恐れがあります。 自己流や、サイトで見つけた体操をするのではなく、かかりつけ医や整体師など、プロの人のアドバイスを受けて行うようになさってくださいー